マイナビ進学U17

公式SNSアカウント
ニュースやおもしろネタを
お届けしてます!フォローしてね
公式アカウント一覧
意外と気づいていない、自分の興味がわかるかも!
あなたがよく見る記事テーマランキング

医療を支える仕事とは!?-地域医療を支える人々-

高齢化社会が進む今、地域や人に寄り添う医療の形が求められています。
地域に住む人々に医療従事者がチームとなり協力して寄り添うかたちが
先端医療の一つになっています。

そこで、ここでは地域医療の現場で活躍する人々を
具体的な実例や彼らの志などを通してご紹介します。

身近なところで起きている出来事は
みなさんにとっても他人事ではないかもしれません。

高齢化社会が進行する今、医療や介護の世界も大きな転換期にあると言われます。関連する法律や制度も日々整備が進むなか、そうした進歩をリードしている医師のひとり、たかせクリニック理事の髙瀨先生に、これからの時代に必要とされる医療・介護について伺いました。

インタビューを読む

人々が健康で快適な暮らしを送るためには、日常のちょっとした不安や不便を解消する医院が必要です。さがみはらファミリークリニックでは、外来診療と訪問診療の両方を提供し、地域の人々の健康増進に取り組まれています。他職種と連携しながら生活を支えているという水上院長にお話を伺いました。

インタビューを読む

人命を守るための治療と予防を行う

病気の人を診察した上で治療したり、新しい医療技術を開発するのが仕事。医師は、患者を診察する「臨床医」と、病気や薬剤を研究する「研究医」の2つに大きく分けられる。臨床医は総合病院などに勤め、医療行為を行う勤務医と、自分で医院を経営する開業医に分かれる。臨床医は正確な診察と適切な治療を行うために、冷静で的確な判断力、行動力と、患者の納得の得られる説明や説得ができなくてはならない。研究医は臨床医として大学付属病院などで働きながら、研究を進める場合が多い。

特集一覧

虫歯治療や歯列矯正を行い口内を健全な状態へ

歯科医師は、虫歯や歯周病の治療を行い、口内環境を健全な状態へ導く仕事。治療だけでなく、正しい歯の磨き方を教えたり、歯石取りをしたり、健全な歯を維持するための病気予防も行っている。最近では「歯を美しく見せる」という観点から、歯並びの矯正治療やホワイトニングなどの需要も高い。歯科医師の大半は開業医だが、大学病院で歯科口腔(こうくう)外科や矯正歯科、小児歯科などの分野に分かれて働くケースもある。近年、歯科医師は過剰傾向にあるため、より高い技術力や信頼性が問われる職種でもある。

開業歯科医師のお仕事をのぞいてみよう!

愛知学院大学

特集一覧

地域の人々の健康のため病気予防の指導を行う

保健師は、人々が健康な生活が送れるよう、病気予防や健康管理の指導を行う仕事。勤務先としては市町村が多く、地域の身近な健康相談係として、妊婦や赤ちゃん、高齢者などを対象に幅広く指導を行っている。さらに、障がい者や難病の患者を対象とした保健所での勤務、一般企業の労働者、学生や教職員を対象とした保健業務など、活躍の場は幅広い。今後の高齢化や生活習慣病予防をはじめ健康への関心が高まるなか、保健師が必要とされる場が増えるだろう。

特集一覧

妊娠中から出産後まで妊婦の健康と育児をサポート

助産師は、妊娠から出産後まで母子の身体と心のケアをする仕事。無事にお産を迎えるまで、妊婦のよき相談役となったり、出産後の育児指導、保健指導を行ったりする。なお、正常なお産であれば、助産師の単独で出産介助が可能。近年の少子化、核家族化により、出産や育児を迎える女性の不安や悩みを共有し、サポートしてくれる助産師の存在がますます重要になっている。また、自宅出産や水中出産など、妊婦が求める出産スタイルも多様化し、助産師の活躍が期待される。

助産師のキャリアアップってどうなっているの?

四日市看護医療大学

特集一覧

患者の側で回復をサポートし医師の診察・治療を補助

看護師は、けがや病気の回復を支える仕事。診察や治療、手術を行う医師の仕事をサポートし、患者の症状に合わせて世話をする。健康に不安を抱える患者を支えて励ますという精神的ケアも、看護師の役目である。主な勤務先は病院や診察所。総合病院では外来、病棟、手術室などに配属先が分かれるため業務内容が異なる。外来は、カルテ整理や電話応対などの事務的な仕事も多い。病棟では、毎日患者の身体の状態を確認し、医師に伝達。手術室では、器具の準備や執刀の補助などを行う。

看護師の活躍の場は、病院だけじゃないって本当?

同志社女子大学

「臨地実習」って何?どんなことをするの?

藤田保健衛生大学

特集一覧

病院などで放射線機器を扱い検査をする専門家

医師の指示の下、診療放射線機器を使用し、レントゲン撮影をする仕事。診療放射線技師の扱う機器は幅広く、一般のエックス線の照射による撮影検査や、CT(コンピュータ断層撮影法)検査、MRI(磁気共鳴画像装置)などがある。ほかには、放射線照射でがんの治療などを行うことも多い。これらの検査が、医師の診断や治療の手助けとなる。また、健康被害を出さないために、患者が浴びた放射線量の管理、機器や装置の点検などで事故を防ぐことも重要な仕事である。

診療放射線技師って、X線撮影以外には
どんな仕事をしているの?

藤田保健衛生大学

特集一覧

病院などで放射線機器を扱い検査をする専門家

病院の検査センターなどで、病気の診断や治療の効果を知るために、さまざまな検査をする仕事。臨床検査技師が取り扱う検査は、大きく分けると2つある。血液や尿などを検査する「生化学検査(検体検査)」、測定器を使用して心電図や脳波などを調べる「生理学検査(生体検査)」がある。これらの検査でデータを取得し、医師に提供する。また、検査データを分析し、その結果を医師に伝える場合もある。製薬会社や保健所など、臨床検査技師の活躍の場は広い。

臨床検査技師って知ってる?どんな仕事をするの?

藤田保健衛生大学

特集一覧

身体機能の回復を支援するリハビリテーションの専門家

理学療法士は、医療や福祉の施設でリハビリテーションの指導をする職業。対象者は病気や事故、老化などが原因で、歩く・立つ・座るといった日常の動作ができなくなった人である。医師の指示の下で行う治療法は、関節や筋力を改善する運動療法、電気刺激や温熱療法などで、痛みを和らげる物理療法、歩行などの日常生活動作の訓練などさまざま。義手や車いすなどを使用する訓練も含まれ、患者一人ひとりに合った治療計画を立てて実施する。

理学療法士って、どんな資格?

藤田保健衛生大学

特集一覧

身体機能の回復を支援するリハビリテーションの専門家

作業療法士は、病気や事故、老化などで身体に障がいを持つ人の社会復帰をサポートする仕事。大工仕事や、工芸・手芸・玩具操作などの作業を通して、機能回復を目指す。医師の指示の下に、患者に適したプログラムを作成し、治療を進める。作業療法士がサポートする患者は、障がいが治りきらない人もいる。そのため、心理面や精神面での社会復帰のサポートも重要である。活躍する場は、総合病院やリハビリテーション施設、老人や障がい者向けの福祉施設などが多い。

「作業療法士」ってどんな仕事?患者さんの
“心も身体もケアする”ってどういうこと?

関東リハビリテーション専門学校

作業療法士って、どんなことをするの?

藤田保健衛生大学

特集一覧

眼科検査と患者の視力回復をサポート

視能訓練士の主な仕事は、弱視や斜視など目に障がいのある患者の視力回復をサポートすること。眼科医の指導の下、病院にくる患者に対して目の一般検査を行っている。眼疾患は早期発見、治療が大切なため、視能訓練士の検査業務は重要な役割を果たす。また眼科医と力を合わせ治療プログラムの考案をしたり、矯正訓練を実施。ほかにも、視力が低下した患者に対しては、拡大鏡などの補助具の使い方をレクチャーする。勤務先は、総合病院の眼科や眼科診療所などとなる。

特集一覧

生命維持管理装置などを扱う医療機器の専門技術者

医師の指示の下、患者の生命を維持するためのさまざまな機器の操作を行うのが主な仕事。扱う機器は、人工透析装置、人口心肺装置、人口呼吸装置、ペースメーカー、手術室内のさまざまな医療機器など。臨床工学技士は、中・大規模の病院での需要が高い。医師・看護師や他の医療技術者とチームを組んで働いている。大きな手術などでも活躍し、患者さんの生命を預かるので責任は重大だ。医療機器の安全性を24時間にわたって保持するために、メンテナンスや管理なども大切な仕事の一つである。

臨床工学技士は、どんな職場で活躍しているのですか?

藤田保健衛生大学

特集一覧

四肢に障がいを持つ患者のために義手・義足などを製作

義手・義足・その他四肢の機能障がいのために使用する補助器具を製作する仕事。医師の処方で義肢・装具が必要とされた患者に合わせて製作するために、寸法を測り(型を取る方法もある)、組み立てて、試験的に使用する過程を経て仕上げていく。納品後も状況に応じて調整することもある。同じものを繰り返し組み立てるのではなく、患者に適したものを都度製作するため、高度な技術と専門知識を学んで国家資格を取得する必要がある。一般的には義肢装具製作会社に所属して医療機関などの依頼を受けて業務を行う。

身体と心の「喪失」を補う――義肢装具士、
その仕事と役割とは?

人間総合科学大学

特集一覧

歯の病気予防や歯科医師の診療補助を行う

歯科衛生士は、歯の病気予防や歯科医師の診療補助を行う仕事。生涯健康で丈夫な歯を維持するためには、虫歯や歯周病の予防は不可欠。歯科衛生士は、それらの予防処置として、歯垢や歯石の除去などを行う。子どものうちから正しい歯の磨き方など、セルフケアの指導を行うことも重要な役割だ。診療補助の仕事では、歯科医師の指示を受け、器具の準備や受け渡し、管理などを担当する。出産後の再就職もしやすいため、女性が多い職種でもある。勤務先は歯科医院、保健所、老人保健施設などが挙げられる。

特集一覧

入れ歯や差し歯などをつくる歯科医療の技術職

歯科技工士とは、歯科医師の指示書や患者の歯型をもとに義歯などをつくる仕事。それらの加工や修理などメンテナンス作業も担当する。入れ歯や差し歯は、人の体の一部となる大切な器官。歯型だけでなくかみ癖までも考慮し、患者一人ひとりに合わせた正確な義歯をつくるための精巧な技術が求められる。主な活躍の場は、歯科医院や大学病院をはじめ、歯科材料メーカーや歯科研究所などに及ぶ。歯科医師との連携により仕事を進めるが、キャリアを積むことで独立も可能である。

特集一覧

傷病者に適切な緊急処置を施し速やかに病院に運ぶ仕事

救急救命士は、救急車の中で、命に危険がある人の緊急処置をする仕事である。働くには、各自治体の消防署に所属する必要がある。救急車内での医療行為は、電話などで医師の指示を受けながら、器具を用いた気道確保、薬剤投与、電気器具による心臓の拍動を正常に戻す処置などさまざま。病院に到着したら、患者を引き渡して医師に応急処置の内容を報告する。普段は各自治体の消防署の救急隊員として働き、緊急の場合に救急救命士として出動する。勤務時間は不規則だが、人の命を預かる責任ある仕事である。

特集一覧

血行を良くしてこりをほぐす 年齢層を問わず幅広く認知

あん摩マッサージ指圧師は、肩こりや腰痛といった慢性的な身体の症状を、もんだり押したりして血行をよくし、不調を和らげる仕事。勤務地は治療院や介護施設のほか、スポーツの現場や在宅訪問など多岐にわたり、技術を身に付ければ独立・開業も可能。今や肩こりや腰痛を抱えるのは専業主婦やある程度の年齢を重ねた人だけでなく、情報機器の普及で若年層にも広がりつつあるため、ニーズは幅広い。最近では美容やリラクゼーションを目的として施術を行う場合もある。

デート中に急な鼻水!テストなのにお腹が!
そんなピンチを救うツボってない?

東京医療福祉専門学校

特集一覧

はりを使って患部を治療 福祉、美容業界からのニーズも

細いはりを刺して患部に刺激を与え、神経痛、生活習慣病、事故の後遺症などを緩和させる仕事。効果を促すために、はりに電流を流すこともある。単に痛みをやわらげるだけでなく、疲労回復や痩身を目的としたニーズもあるため、病院のほか、スポーツ施設や福祉施設、美容業界なども活躍の場となる。症状や目的に合った施術を行うには高度な技術と国家資格の取得が必要となる 。同じく東洋医学の知識が求められる、「きゅう師」さらには「あん摩マッサージ指圧師」の資格取得と一緒に目指す人もいる。

日本人アスリートが世界で活躍している理由は?

東京有明医療大学

特集一覧

燃やしたもぐさの熱で刺激を与え身体の不調を整える

身体に置いたもぐさを燃やし、温熱で刺激を与えて患部を治療する仕事。血行を促すことで自然治癒力の向上をサポートする。肩や腰のこりや関節痛に加え、代謝や免疫力のアップ、リラックス効果が期待できるため、アスリートから高齢者、さらには若い女性とさまざまな人からのニーズがある。そのため、一人ひとりの症状や要望に沿った施術ができるよう、仕事に就いてからも技術を磨いていくことが必要だ。きゅう師には国家資格があり、取得者の中には「はり師」や「あん摩マッサージ指圧師」の資格もあわせて有する人も比較的多い。

特集一覧

柔道を起源にした独自の手技でケガの治療を行う

打撲や脱臼、捻挫、つき指などの回復に向け施術する仕事で、「ほねつぎ」と呼ばれることもある。柔道を起源に、東洋医学と西洋医学を融合させた療法。手を使って体に刺激を与える独自の手技により、人間がもともと持つ自然治癒力を引き出す治療を行う。手術や投薬、注射をしないのも特徴だ。接骨院や整骨院のスタッフだけでなく、トレーナーとしてスポーツ分野に関わる人や、リハビリテーションや福祉の現場に従事する人もいる。

スポーツに関わる仕事って何があるの?

東京有明医療大学

特集一覧

言葉や耳、食べる上での障がいを訓練や指導によって回復へ導く

言語機能や聴覚に障がいがある人、食事を取ることが困難な人に対し、回復へ向けたリハビリテーションを行う仕事。生まれつき障がいのある人や、脳卒中などの病気の後遺症や手術によって言葉や耳が不自由になった人など、患者はさまざま。検査によってその原因を探り、各人に合わせて適切な訓練や指導を実施する。患者の機能回復を促し、日常生活をサポートする。活躍の場は、病院やリハビリテーションセンターのほか、教育機関や福祉施設などにも及ぶ。

特集一覧

薬のプロフェッショナルとして調合や飲み方の指導を行う

薬剤師は、薬の専門家として病院や薬局で薬を調剤する仕事。医師の書いた処方箋(せん)から患者に適切な薬を提供する役目を担い、その安全性に対する責任は大きい。そのため、薬の正しい飲み方や副作用など、患者の薬の服用に関するさまざまな情報に目を配り、医師との連携により安心・安全な薬の提供を行う責務がある。勤務先は、薬局や病院のほか、ドラッグストアで働くこともできる。地域の身近な医療相談役として薬を求めて訪れる人々にその効果や飲み方をアドバイスする。

Q,風邪薬を飲むと眠くなってしまいます。
なぜなのでしょうか?

千葉工業大学

特集一覧

食と栄養に関する専門知識を持ち健康促進の一翼を担う

管理栄養士は栄養士の上級資格で、厚生労働省管轄の国家資格である。国家試験の受験資格については、管理栄養士養成課程のある学校を卒業するか、栄養士養成施設で栄養士免許を取得した上で、決められた実務経験を必要としている。栄養バランスの取れた食事の献立を考えるほか、個人の健康状態に合った食事・栄養管理指導を行う。おもな職場は学校や病院、福祉施設、食品メーカーなど。また、人々の栄養への関心が高まった昨今、食や栄養に関する講座や食育推進イベントといった地域活動も活躍の場となっている。

楽して痩せる?大切なことは、自分の体を知ることだった!

城西大学

世界が注目! 日本の元禄時代以前の食事が未来を支える!?

神戸学院大学

特集一覧

福祉に関する高度な知識と技術で相談・援助を行う

専門的な知識と技術を持ち、高齢や障がい、環境による理由で生活に支障がある人の相談・援助をする仕事。社会福祉士とは国家資格の名称で、児童相談所や役所で地方公務員として働く人もいれば、福祉や介護サービスを提供する民間企業で働く人もいる。また病院のソーシャルワーカーもこの資格があると仕事の幅が広がる。相談者が抱えている問題をヒアリングし、その人に合った福祉制度や福祉サービスを提案。医師や介護士などほかの専門職と連携を取りながら業務を行うこともある。

特集一覧

高齢者や障がい者とその家族を心身ともにサポート

専門的な知識と高度な技術で、高齢者や障がい者の日常生活を支援する仕事。食事や排せつ、衣類の脱着、入浴・トイレなどの介助に加え、利用者の家族に介護方法をアドバイスすることもある。利用者やその家族の相談に乗り、心の支えとなるのも仕事の一つだ。介護福祉士同士だけでなく、看護師や保健師と連携して利用者をサポート。施設内で働く場合と訪問サービスを行う場合があり、施設の場合は24時間体制の交代制で働くことが一般的である。

特集一覧

精神的障がいのある人の社会復帰をサポート

精神的障がいのある人やその家族に対し、その人に適した日常生活が送れるよう、助言や指導をする仕事。ソーシャルワーカーの一種で精神障がいのある人に特化した専門職だ。医療施設で医師や看護師と連携を取りながら、就職や関連施設への入所など、退院後の生活を支援。地域の関連施設や機関とのネットワークを強めることも仕事の一つ。また、社会復帰施設の指導員として、就労訓練やレクリエーション活動などをサポートする人もいる。

特集一覧

ストレスを抱えた現代人を支援する「心の専門家」

臨床心理士は、相談者が心の問題を解決できるようにサポートをする職業。アセスメント(臨床心理査定)、カウンセリング(臨床心理面接)、コンサルテーション・リエゾン(臨床心理的支援)といった臨床心理学に基づいた知識や技法で相談者をサポートする。取り扱う相談は、家庭や子育ての悩み、学校や職場での悩みなどさまざま。病院や福祉センター、介護施設、児童相談所などで活躍している。また病院や福祉施設以外にも、企業のカウンセラーとして活躍する臨床心理士もいる。

特集一覧

スケジュール管理や医療事務で医師や看護部長の仕事をサポート

医師や看護部長などの秘書業務を行う仕事。医師のスケジュール管理、書類やデータ類の作成、院内の備品管理、電話や来客応対、会議の準備など多岐にわたる。一般企業の秘書業務とほぼ変わらないが、仕事内容がすべて医療と関わるので、医療の知識が必要である。勤務先は総合病院、大学病院、各種診療所など。病院によっては、診療報酬を請求するレセプト業務を担当することもある。また、診療科ごとに設置されている医局を担当する秘書もいる。院長を担当する秘書には、英語力などの語学力が必要な場合もある。

医療の情報化・高度化が進む中、病院でマネジメントの
仕事に就くには、どんな専門的知識が必要ですか?

藤田保健衛生大学

特集一覧

ページトップへ

読み込み中です