マイナビ進学U17

公式SNSアカウント
ニュースやおもしろネタを
お届けしてます!フォローしてね
公式アカウント一覧
意外と気づいていない、自分の興味がわかるかも!
あなたがよく見る記事テーマランキング

【シゴトを知ろう】フェイシャルエステティシャン 編

  • マイナビ進学編集部
  • 2016.10.17
【シゴトを知ろう】フェイシャルエステティシャン 編

肌の悩みを持っている女性はたくさんいます。テレビや雑誌で見て「きれいだな」と思う女優さんやモデルさんでも、もちろん、もともと美肌の人もいますが、エステサロンに通ってきれいな肌をキープしている人もいるんですよ。

今回は「フェイシャルエステティシャン」という職業のお仕事内容や魅力について、センスロンハーマン二子玉川店で働く大月千恵さんに伺いました。

お客様がきれいになっていくのを一緒に喜べることがうれしい

Q1. まず、普段のお仕事について教えてください。

私はアパレル・雑貨・飲食・インテリア・美容など、ライフスタイルを豊かにする事業を展開している会社のエステティック部門で働いています。エステティシャンとして、お客様が抱えるお肌の悩みの改善を目指します。1日の仕事の流れは、大まかにはこのような流れになります。

10:30 出社
11:00 接客
13:30 お昼休憩
15:00 後輩のトレーニング
16:30 休憩
17:00 接客
21:00 終業


Q2. お仕事の中で、魅力ややりがい、楽しさを感じるのはどんなときですか?

深刻なお肌の悩みを抱えるお客様が、私たちの技術や接客を信頼して通ってくださり、次第に改善し、きれいになっていくのを一緒に喜べることがフェイシャルエステティシャンとして一番やりがいを感じます。


Q3. 一方で、お仕事の中で大変さや苦労を感じるのはどんなときですか?

健康や美容に関する情報は、日々変化しています。新しいものは積極的に取り入れて常に勉強を続けること、より効果が出せる技術を取得し研究・トレーニングすることは大変です。ただ、その中で新しい発見をしたり、エステティシャンとして成長を感じることが喜びでもあります。

自分自身の肌トラブルをきっかけにエステティシャンの道へ

Q4. 現在のお仕事を志すようになったきっかけを教えてください。

私自身、思春期にお肌のトラブルで悩んでいたことがあったんですが、それを隠すことよりも同じ悩みを抱えている人に共感できる仕事に就きたいと思い、エステティシャンを目指しました。

高校を卒業してから2年間、美容の専門学校に通い、希望を与えて下さる素晴らしい先生に恵まれたこともあり、エステの道をそのまま志すようになりました。卒業後は大手エステサロンに就職し、そこで6年間就業した後、次のステップを考えて今のサロンに転職し、現在に至ります。


Q5. 大学や専門学校ではどのようなことを学びましたか?

専門学校ではボディ、フェイシャル、ネイル、メイク、ワックス脱毛などについて、技術と理論の両方でトータルビューティーを学びました。美容の知識や技術だけでなく、学校が「躾(しつけ)」を重んじていたため、身だしなみや言葉遣いを学ぶこともでき、それは現在の仕事にとても役立っています。また、試験対策で学んだ段取りの良さや仕事の時間配分なんかも役立っていますね。


Q6. 高校生のころはどんな夢を持っていましたか?

なんとなく働くよりもやりがいを持って働きたいと思っていたので、「手に職を持って働きたい」という目標がありました。母と一緒に化粧品を買いに行くのが楽しみだったことが、エステティシャンの仕事を選んだことにつながっているかもしれません。

エステティシャンは“人”に興味を持てることが大事

Q7. このお仕事はどんな人が向いていると思いますか?

エステティシャンは、常に人と接する仕事ですから、“人”が好きで“人”に興味を持てるということは重要だと思います。それからどの仕事にも共通すると思いますが、明るくて素直な人だということ。エステサロンにいらっしゃるお客様は何かしら悩みを抱えていて、その悩みを解消するためのお手伝いをするのがエステティシャンの仕事なので、誰か(お客様)の役に立ちたいと思える人であることも欠かせません。


Q8. 最後に、フェイシャルエステティシャンを目指している高校生へ向けて、一言メッセージをお願いします。

フェイシャルに限らず、エステティシャンは年齢を重ねても続けられる仕事です。女性ができる仕事の中ではなかなか無い仕事なのではないでしょうか。また、いろいろな人(女性)の人生に寄り添える、素晴らしい仕事です。

今のうちに実践や経験、勉強しておくことは、自分の肌や体調に向き合うこと。どんなときに肌に変化があるか、観察してみてください。また、高校生のうちはあまり機会がないかもしれませんが、実際にフェイシャルエステを受けてみるとこの仕事の素晴らしさがわかると思いますから、母親やお姉さんなどに頼んでエステサロンに行ってみることもおすすめします。


中高生の思春期の間は、にきびなど肌トラブルに悩まされる人も多いかと思います。大月さんも、みなさんと同じ悩みを抱えていたときがあり、そのことがきっかけでご自身の夢を見つけられたそうです。

フェイシャルエステティシャンや美容関係の仕事に興味があるという人は、ぜひ一度エステサロンの体験コースに連れて行ってもらってみてください。エステティシャンがどんな仕事をしているのか、きっと体験できると思いますよ。

【profile】センスロンハーマン二子玉川店 大月千恵
http://ronherman.jp/sense/

関連記事

ページトップへ

読み込み中です