マイナビ進学U17

公式SNSアカウント
ニュースやおもしろネタを
お届けしてます!フォローしてね
公式アカウント一覧
意外と気づいていない、自分の興味がわかるかも!
あなたがよく見る記事テーマランキング

【シゴトを知ろう】不動産鑑定士 編

  • マイナビ進学編集部
  • 2016.11.25
【シゴトを知ろう】不動産鑑定士 編

街に建っている住宅やビルなどの不動産。「キレイなビルだから高そうだな」くらいは分かっても、具体的にどれほどの値段なのかはよく分からないのが普通ですよね。こんなとき、細かい調査をしてどれほどの価値があるのかを教えてくれるのが、不動産鑑定士。一般財団法人 日本不動産研究所で不動産鑑定士として活躍する藤嶋知将さんに、お仕事の詳細を聞いてきました。

不動産の鑑定には、一歩先を行く情報収集が必須

Q1. 仕事概要と一日のスケジュールを教えて下さい
 
不動産鑑定士というのは、家やビル、土地などの不動産の売り買いにあたって、その価値を鑑定する仕事です。

不動産の売り買いというと大げさに聞こえるかもしれませんが、本質的には野菜とか洋服とか、普通に売っているものの売り買いと変わりません。
売りたい人がいて、それを買いたい人がいるから商売が成り立つ。それって八百屋さんだろうと不動産会社だろうと、変わりませんよね。

ものの売り買いにおいて一番重要なのは、やっぱり価格だと思うんです。野菜だったら「この野菜は大体このくらいの値段が相場だわ」とか「あっちのスーパーのほうが安いわ」とか判断できますけど、家やビルってそれが難しいんです。長年この業界にいる方でも、なかなかよく分からないというところもあるくらいです。

そんなとき、その家やビル、土地の金額が適正なのか、判断のお手伝いをするのが、不動産鑑定士の仕事です。この適正価格の判断が本当に難しくて、そのときの情勢を見ることも必要ですし、実際に現地に行かなければ分からないこともあります。そういった調査を行ってデータを出し、お客様の不動産取引がスムーズに進められるようお手伝いをさせていただいています。

<一日のスケジュール>
9:00 出社
   メールチェック、打合せ
10:00 依頼された物件の現地調査
12:00 昼食
13:00 役所や法務局に行って物件の情報を収集
15:00 帰社して情報を分析し報告書にまとめる
18:00 退社
    友人と会食
22:00 帰宅
 
 
Q2. 仕事の楽しさ・やりがいは何ですか?

不動産って、本当に価格が分かりにくいものだと思うんです。だからこそ、売主さんは高く売りたい、買主さんは安く買いたいという私情が入りやすい。でも、お客様が求めている数字が必ずしも市場で正しい数字かというと、そうではないわけです。だからそこをしっかり説明して納得していただかなければなりません。

とても難しいことではあるのですが、これが上手くいったときはやっぱりうれしいですね。やりきった感があるというか。


Q3. 仕事で大変なこと・辛いと感じることはありますか?

お客様は複数の不動産鑑定士に依頼して比較・検討される場合がほとんどなので、その中でもご満足いただけるように工夫する作業は、やはり大変ですね。

不動産に関する情報は、昔に比べるとオープンになってきています。ネットなどでもいろいろな情報が入るので、その分依頼者さんも勉強されていたりと、すごく知識のある方が多いです。

そんな方にご満足いただくには、やはり常に出ている情報の一歩上を行くこと。そのための努力は、普段から必要なのかなと思いますね。情報はどんどん変わっていくので、常に新しい情報を仕入れて必要に応じて提案をすることで、差別化を図っています。

情報収集の一環として、普段からいろいろなお客様との意見交換を積極的に行うようにしています。
不動産の価値はわれわれが勝手に決めるものではなく、基本的には買い手さんと売り手さんが合意したところで決まるもの。そういったあるがままの状態を把握していないと、適切な鑑定はできないと思います。

実際に売買に携わられた方と意見交換する中で「不動産市場では、買う人、売る人が今こういうふうに考えているんだな」とかいうのを教えてもらえますし、水面下でしか把握できないような情報を仕入れられることもあります。

未経験から不動産鑑定士に。試験勉強は大変だった

Q4. どのようなきっかけ・経緯で不動産鑑定士の仕事に就きましたか?

実は、僕は兄の紹介でこの仕事を知りました。そのため最初は不動産の知識もほぼない状態でしたね。土地の価値を提示するには、最終的に鑑定評価書というものが必要になります。その鑑定評価書を発行するためには不動産鑑定士という資格が必要なんですが、その資格を取得するために前職を退職して資格試験を受けました。ベースがないので、試験勉強はかなりがんばりましたね。

不動産鑑定士は、転職してその仕事に就いたという方が多い業界なんじゃないかと思います。そこまでメジャーな資格ではないですが、銀行で不動産の融資をしていたり信託銀行の仲介していた方が、そこで不動産鑑定士の資格を知ってこの業界に来るということも多いです。


Q5. 不動産鑑定士の仕事に就いてから学んだことは何ですか?
 
未経験からのスタートだったので本当にすべてが勉強でしたが、やはり不動産は普通のものの売り買いと違って特殊だということは、大きな発見でしたね。

不動産は買う人が必ずしも自分が使うために買っているかどうかは分かりません。野菜だったら食べるため、洋服だったら着るため以外には買わないと思いますが、不動産の場合は人に部屋を貸して、その家賃で収益を得ることもかなり多いんですね。

また、やっぱり家やビルはものすごく金額が大きいものです。数千万から数億にもなるものはなかなか1人でポンとは買えないので、いろんな投資家からお金を集めて買うという方法が多くなります。家には子どものころから住んでいるし、不動産は生まれてからずっと身近にあったはずですよね。でもこういうことは外から見ているだけでは分からなかったなというのが、業界に入って経験した最初の学びでした。


Q6. 高校生のとき抱いていた夢が、現在の仕事につながっていると感じることはありますか?
 
高校生のときは、本当によく遊んでいましたね(笑)。ふざけたりもしていましたが、さまざまなことに興味を持って取り組んでいたのは、今の仕事にも役立っている気がしています。

不動産鑑定は、広い視野や柔軟な考え方が必要な仕事です。そういう意味では、一直線に物事を見ているよりはよかったのかなと思います。少しは勉強しておけばよかったなと後悔もしていますが(笑)。

「悩みやすい」人は物事を楽しむ力を持っている

Q7. どういう人が不動産鑑定士に向いていると思いますか?

悩みやすい人ですね。悩みやすいと聞くとネガティブに受け取られがちですけど、悩むってことはいろいろなものが気になるってことで、それってやっぱり重要だと思います。いろいろなものに興味を持っている人って、どんなものにも楽しみを見つけられる力があるような気がするからです。

不動産鑑定士の仕事は、そんな「楽しめる力」の有無がかなり色濃く出ると思っています。この仕事はスケジュール管理も仕事の進め方も自分次第。調査の仕方も、鑑定士によって全然違うと思います。

決まりがないので、現地までパッと行って最低限の情報だけ仕入れて終わりということもできますが、案外物件の周辺を楽しみながらブラブラしているときに、大事な発見があることが多いんですよね。仕事モードで余裕をなくしているときって、不思議と目に入っていても発見できない。
それにそういう個人的な発見の話って、お客様もすごく喜んで聞いてくれたりします。

どんな仕事についても、絶対大変なことはあると思うんです。なんだかんだで起きている時間の大部分は仕事をして過ごしているじゃないですか。そこで楽しみを見つけられるかどうかは、かなり大事なことだと思います。


Q8. 高校生に向けたメッセージをお願いします

進路や将来のことで悩むこともあるかと思いますが、一度は徹底的に悩んだほうがいいと思います。それで進む方向を決めたら、もう後は気楽に行くのがいいんじゃないかな。
僕は全然未経験の分野から今の職業に就き、楽しく暮らしています。後で方向転換しても全然いいと思うんです。きっと昔に比べたら、はるかに方向転換が効きやすい時代だと思いますから。

そうして「これだ」という道を見つけたら、あとはその仕事を楽しむのみ。いろんなことに悩んで興味を持って、将来仕事を楽しむ力を身につけてほしいですね。
 
 
他業種から不動産鑑定士に転職された藤嶋さん。お客様との打ち合わせから調査、データ分析まで、多岐にわたる難しいお仕事を、前向きに楽しんでいる姿が印象的でした。不動産鑑定士に興味がある人は、ビルや家などの値段がどのようにつけられているのか、調べてみてはいかがでしょうか。

 
【profile】
一般社団法人日本不動産研究所 本社事業部 
不動産鑑定士  藤嶋知将

関連記事

ページトップへ

読み込み中です