マイナビ進学U17

公式SNSアカウント
ニュースやおもしろネタを
お届けしてます!フォローしてね
公式アカウント一覧
意外と気づいていない、自分の興味がわかるかも!
あなたがよく見る記事テーマランキング

【シゴトを知ろう】国会職員 編

  • マイナビ進学編集部
  • 2017.02.17
【シゴトを知ろう】国会職員 編

テレビのニュースなどで度々目にする国会審議。実はこの国会審議の前には、何段階にもわたる入念な準備が行われています。議題一つを決定するために、何年もの時間をかけて準備が行われたものも。その議題を審議するために必要不可欠なのが「調査」であり、この調査を日々行っている職員がいます。今回は、衆議院調査局 経済産業調査室調査員の別府辰彦さんに、気になるお仕事内容について伺いました。

議員が議論するための資料作成・調査を行う仕事

Q1. 現在のお仕事内容について教えてください。
 
主な仕事は、議員などから依頼された政府の経済産業政策に関する概要や動向などの参考情報を提供したり、国会に提出される法案の参考資料を作成したりすることです。参考資料作成の際には、法案の概要や背景・経緯、論点を記載し、関係者に配付するほか、依頼があれば実際に説明に出向くこともあります。

参考資料は法案が国会に提出されると見込まれた段階で本格的に作成を始めます。関連する政府の審議会(*1)などで作成された資料を読んで勉強するなど、幅広い知識が必要な仕事なので、日常的に情報収集するように心がけています。私は経済産業調査室の所管事項のうち、資源・エネルギー関連の分野を担当していて、班員は3人です。調査員の経歴が長い人はどんなことを聞かれても答えられますね。
国会の会期中(*2)は忙しいですが、国会が開かれてない時は、次の会期に備えてじっくり情報収集や勉強をしていることが多いです。

*1 審議会:行政機関の諮問を受けて特定の問題について審議する、外部の有識者や利害関係者などで構成される機関のこと
*2 会期:国会が活動能力を持つ期間のこと


Q2.仕事のやりがいを教えてください。

参考資料の作成などを手がけた法案が審議され、可決した時は達成感がありますね。法案が可決するまでのプロセスを、サポートする側から関わることができることは貴重な体験です。国民の生活に大きく関わる法律の審議に当たって、中立の立場からサポートするということは、他ではなかなかできない体験だと思います。


Q3.この仕事をしていて大変だと感じたことや、苦労したことはありますか?

日々の勉強ですね。以前は委員会(*3)の運営に関わる部署にいたのですが、その時に特に感じたこととして、小さなミスも大ごとになるため、非常に神経を使いました。例えば、委員会で議員が質疑を行うときに万一連絡ミスがあると、質疑者と答弁者が揃って出席できず、質疑が成り立たなくなることにもなりかねません。一見細かいことでも大ごとになるのが政治の世界であり、特に事務局での仕事は、中立の立場から議論に集中できる環境を作るとても責任重大な仕事です。

*3 委員会:衆議院・参議院にそれぞれ設置されている、法案などについて本会議で最終的に決定する前に審査を行う機関のこと

もともとは外交官志望 興味の幅が広がり転向

Q4.どのようなきっかけ・経緯で、衆議院事務局の仕事に就きましたか?

世界史が好きだったこともあり、高校生の時は外交官を目指していました。当時は、イラク戦争や北朝鮮拉致問題などが頻繁に報道されており、「日本はどうなってしまうのだろう」「自分に何ができるのだろう」と危機感を抱き、外交の面から社会に貢献できる外交官に興味を持ちました。
大学入学後、外交官を目指す人が集まるサークルに入り活動を行っていました。そして就職活動の時期を迎えたのですが、当時はちょうど100年に一度と言われるほどの世界的な不況で、採用者数が絞られていたので、民間企業や他の国家公務員についても調べました。色々な説明会やセミナーに出席するうちに、外交官以外の仕事もおもしろいと思うようになり、興味の幅が広がってきました。そんな中、たまたま大学で国会職員の方が講師を務める講義を受け、初めて国会職員の存在を知りました。実際に衆議院事務局主催の説明会に行って説明を聞くと、会議運営や調査の面から国会の活動をサポートする仕事だと知り、他ではなかなか経験できないのではないかと興味を持ち、試験を受けることにしました。幸い合格して、今は調査局で仕事をしています。


Q5.大学・大学院で学んだことを教えてください

学部は法学部政治学科でした。サークル活動は外交官を目指す人が集まるサークルに参加し、国際法の勉強会に出席していました。サークルのOBの中には外務省勤務の方が多くいます。サークルには合宿もあって、参加したOBから実際の業務について話を聞くことができ、いい刺激になりました。


Q6.高校生のとき抱いていた夢が、今につながると感じることはありますか?

高校生の時から国や社会の役に立ちたいと考えていたので、それが実現できたように感じています。私の場合は外交官を目指していたので、英語にも力を入れていました。

小さなミスも許されないナイーブな政治の世界

Q7.どういう人が国会職員の仕事に向いていると思いますか?

資料作成や段取りなど、ミスがないようにきちんとした行動ができる人ですね。実際に衆議院事務局には、しっかりしている人が多いと感じます。
また、議員と接する仕事なので、コミュニケーション能力、つまり「説明する」能力と「話を聞く」能力が必要になってくると思います。「話を聞く」能力というのは、相手の話を聞いて、何が知りたいのか、どこに興味があるのかを的確に把握する能力です。そのためには、知識だけでなく想像力や観察力が重要になってきます。


Q8.国会職員の仕事に就いてよかったと思う瞬間はなんですか?

法案審議の中で自分が作成した参考資料が使われ、審議の結果その法案が可決したときですね。区切りがついて一安心ですが、またすぐに次の調査がやってくるので、毎日が勉強です。


Q9.高校生に向けたメッセージをお願いします。

目の前の受験の知識だけではなく、自分なりの軸を持ちつつ、世の中の出来事に幅広く好奇心を持つことが大切だと思います。実際に、私も好きだった世界史だけ勉強していたら、今のこの仕事に興味を抱くことも無かったと思います。少しでも興味を持ったらなんでもやっておくということは、将来の選択肢を広げることにつながります。また、いろんな人と接する機会を作るようにしてください。想像力がつき、自分の未来のイメージも広がっていくのではないでしょうか。高校時代は時間が限られているので、興味があることはやってみること。手に入れた知識や経験をどう生かすかは自分次第です。



国会の縁の下の力持ち、「衆議院調査局調査員」。その調査を参考に議論の方向性が決まるので、調査員の仕事は責任重大です。調査員の日々の勉強と洞察力、そして多くの職員の努力があって国会が成り立ち、国が動いていきます。常に緊張感があり、そしてやりがいのある仕事ですね。


【profile】 衆議院調査局 経済産業調査室 調査員  別府辰彦

関連記事

ページトップへ

読み込み中です