マイナビ進学U17

公式SNSアカウント
ニュースやおもしろネタを
お届けしてます!フォローしてね
公式アカウント一覧
意外と気づいていない、自分の興味がわかるかも!
あなたがよく見る記事テーマランキング

やっぱり気になる! お金持ちになれる職業ベスト10

  • マイナビ進学編集部
  • 2015.06.01
メインテーマ
進路・進学
やっぱり気になる! お金持ちになれる職業ベスト10

「将来どんな仕事をするかなんて想像もつかない」という人もいれば、「絶対になりたい職業がある」という人もいるでしょう。悩む時間はまだまだありますから、あまり急いで将来の仕事を決めなくても大丈夫。だけど、仕事を選ぶときは、やっぱりお給料も気になりますよね。どんな職業の収入が多いのか、10位からランキングを見てみましょう。

【第10位】プラントエンジニアリング 年収798万円

エネルギーを支える縁の下の力持ち

石油や天然ガスの原燃料やプラスチックなどの素材を生産する設備を指す「プラント」を設計し、建設する仕事。高校生には馴染みがありませんが、日本のエネルギー開発に大きな貢献をしている業界です。40歳平均年収は798万円。

【第9位】医薬品 年収831万円

人の命を支えるやりがいのある仕事

医薬品の開発・販売に携わる仕事。ファイザー、ノバルティスなど外資系企業が好調ですが、武田薬品工業、第一三共など日本企業も新薬の開発などで存在感を見せています。人の命を支えるやりがいのある仕事です。40歳平均年収は831万円。

【第8位】石油 年収832万円

資源・エネルギーを扱う注目分野

石油や天然ガスを輸入し、製品化するのが主な仕事。プラスチックなどの資源製品の開発を行うことも。最近は、太陽光発電など、石油以外のエネルギー事業に取り組む会社もあり、注目を集めています。40歳平均年収は832万円。

【第7位】証券 年収834万円

株式市場が好調で業績は上向き

企業の株式売買を仲介したり、資産運用のアドバイスをしたりする仕事。金融や経済の幅広い知識が求められます。景気の影響を受けやすい業界ですが、近年は国内の株式市場が好調で業績は上向き傾向です。40歳平均年収は834万円。

【第6位】通信事業者 年収849万円

携帯電話やインターネットの環境を整備

NTT、KDDI、ソフトバンクなど、皆さんにも馴染みのある携帯電話やインターネットの通信インフラを提供する仕事。販売店での端末販売からアンテナ設置まで、文系・理系のさまざまな仕事があります。40歳平均年収は849万円。

【第5位】放送・全国紙・出版 年収900万円

みんな憧れのテレビ・雑誌の仕事

憧れる高校生が多いテレビ局や大手新聞社、大手出版社の仕事。テレビ局は広告収入の減少、新聞社・出版社は市場規模の縮小が大きな課題ですが、まだまだ収入は高い水準をキープしています。40歳平均年収は900万円。

【第4位】生命保険・損害保険 年収943万円

保険商品を販売する身近な仕事

多くの人にとって身近な生命保険や損害保険の商品を販売する仕事。損害保険は、自動者保険や火災保険が柱となっています。生命保険は日本生命、かんぽ生命など、損害保険は東京海上ホールディングスなどが有名。40歳平均年収は943万円。

【第3位】メガバンク 年収1,031万円

大手銀行は海外事業を拡大中

三菱UFJフィナンシャルグループ、みずほフィナンシャルグループ、三井住友フィナンシャルグループの3行に代表される大手銀行の仕事。金融業界も海外事業が拡大中。英語力もますます求められそうです。40歳平均年収は1,031万円。

【第2位】コンサルティング 年収1,113万円

企業の経営課題を解決する仕事

企業が抱えるさまざまな経営課題を解決する方法を考えて、その対価を得るのがコンサルティング企業の仕事。高度な経営の専門知識が求められます。最近は企業の海外展開の支援の仕事も増えているようです。40歳平均年収は1,113万円。

【第1位】総合商社 年収1,200万円

海外を飛び回るやりがいのある仕事

そして第1位は、食料品から機械、資源、金融商品まで、世界中のあらゆる商品を扱って、ビジネスを展開する総合商社。近年は穀物のビジネスが好調のようです。40歳平均年収は1,200万円。日本と海外を股にかけての仕事に携わることになるでしょう。

いかがでしたか? あまり馴染みのない仕事もあったのではないでしょうか? どの業界で働くにしてもいえるのは、就職がゴールではなく、入社後も専門家として勉強し続ける意識が必要ということ。「かっこいい」「お金持ちになりたい」というだけではなくて、その仕事を詳しく調べて、好きになることが重要かもしれません。将来を少しだけイメージして、今のうちから企業や仕事について調べてみては?

【参考資料】
『会社四季報 業界地図 2015年版』
※掲載した年収データは厚生労働省が発表している「平成25年賃金構造基本統計調査」の5歳刻みの賃金額(所定内給与+賞与)から40歳推計年収を算出、それを業界ごとにまとめて平均を取ったものです。

関連記事

ページトップへ

読み込み中です