マイナビ進学U17

公式SNSアカウント
ニュースやおもしろネタを
お届けしてます!フォローしてね
公式アカウント一覧
意外と気づいていない、自分の興味がわかるかも!
あなたがよく見る記事テーマランキング

フリーワード検索

気になるキーワードから記事を検索

シゴトを知ろう の検索結果

全661件

【シゴトを知ろう】建築設備士 〜番外編〜

【シゴトを知ろう】建築設備士 〜番外編〜

2016.11.16 マイナビ進学編集部 「【シゴトを知ろう】建築設備士 編」では、三上建築事務所の松本敬一郎さんに普段の仕事ぶりや志したきっかけについて伺いました。松本さんが「趣味は仕事」というほど、魅力にあふれた建築設備士の世界。きっと、まだまだ知られざる魅力があるはず! 

今回は、視点を少し変えて、建築設備士ならではの「あるある」についてお話を伺いました。

――建築設備士ならではの仕事上の「あるある」を教えてください。

建築設計は、クライアント(顧客)のリクエストを踏まえて建物を造ればいいというわけではありません。建物を造るににあたって、その地域の気候風土なども考慮します。そのため、設計した場所の特性・情勢・風土・歴史など分かるようになります。


――お仕事とリンクする、休みの日にありがちな

【シゴトを知ろう】ホテルスタッフ ~番外編~

【シゴトを知ろう】ホテルスタッフ ~番外編~

2016.11.14 マイナビ進学編集部 「【シゴトを知ろう】ホテルマン編」では、長野県松本市にあるビジネスホテル「プレミアホテル-CABIN-松本」のホテルマンとして働く宮下達也さんにお仕事の内容や魅力について伺いました。

こちらの記事では番外編として、ホテルマンのお仕事の「あるある」や、知られざる一面についてお話を伺ってみました。

――ホテルスタッフならではの、仕事上の「あるある」なことを教えてください。

私が勤めているビジネスホテル、「プレミアホテル-CABIN-松本」は、少数精鋭で運営しています。スタッフのうち誰かがが昼食などで休憩に行った瞬間に何故だか急にとても忙しくなることはよくありますね。ホテルあるあるだと思います。ほかのスタッフが休憩に行った瞬間、急に忙しくなるこ

【シゴトを知ろう】アロマアドバイザー ~番外編~

【シゴトを知ろう】アロマアドバイザー ~番外編~

2016.10.21 マイナビ進学編集部 「【シゴトを知ろう】アロマアドバイザー 編」では、アットアロマ株式会社で働いている桑山さんに、香りを伝えるお仕事の魅力や難しさについて伺いました。アロマの授業を受けてみたいと思った人も多いのでは!?

こちらの記事では番外編として、いろいろな香りに常にアンテナを張っているアロマアドバイザーならではの「あるある」や、ついやってしまいがちなことについてお話を伺ってみました!

――お仕事ならではの「あるある」なことを教えてください。

私の場合、人の性格は、アロマで例えることができます。例えば、はきはきした性格の人は「ミント」や、妖艶な雰囲気を持つ人は「イランイラン」など。人それぞれの個性や雰囲気によって、似合うアロマがあると思うんです。


――人だけでなく、他のものに対しても、アロマで表現してしまうことはありま

【シゴトを知ろう】スポーツアロマテラピスト 編

【シゴトを知ろう】スポーツアロマテラピスト 編

2016.12.16 マイナビ進学編集部 「アロマ」というと、香りを楽しむものというイメージが強いと思いますが、スポーツ選手のメンタルやコンディションのサポートにも活用されていることをご存じですか? そのようにアロマを使ってスポーツ選手のサポートをする「スポーツアロマテラピスト」という仕事があります。

今回の【シゴトを知ろう】では、スポーツアロマテラピストという職業のお仕事内容や魅力について、コンディショニングサロン&スクールPunafullの代表を務める井泉有香子さんにお話を伺いました。

Q1. 仕事概要を教えて下さい

私はスポーツアロマテラピストとして、主にアスリートを対象に身体面およびメンタル面のコンデショニングのサポートを行っています。具体的には、パフォーマンス向上やけが予防、早期の疲労回復を目的に自然療法のアロマを用いてトリートメントや運動指導をしています。

スタジオ内でアスリートから一般の方までを対象にスポーツアロマ�

【シゴトを知ろう】DIYアドバイザー 〜番外編〜

【シゴトを知ろう】DIYアドバイザー 〜番外編〜

2016.12.16 マイナビ進学編集部 「【シゴトを知ろう】DIYアドバイザー 編」では、DIY彩女の代表を務める鈴木ひろ子さんにDIYアドバイザーのお仕事内容や魅力について伺いました。

今回は番外編として、DIYアドバイザーとして働いている中で感じる「あるある」や、DIYアドバイザーの知られざる一面、これまでに達成感を感じたエピソードなどについてお話を伺います。

――DIYアドバイザー同士で話しているときなどに「あるある!」となることを教えてください。

DIYをしている方は、自宅リノベーションや水回り・壁などの補修をしている方が多いです。特に、男性はDIYオタクの方が多く、よくいろいろなことを教えてもらいます。塗料に詳しい人、電動工具に詳しい人なども多く、人のつながりに感謝しています。自分で自宅リノベーション

【シゴトを知ろう】船員 〜番外編〜

【シゴトを知ろう】船員 〜番外編〜

2016.12.19 マイナビ進学編集部 「【シゴトを知ろう】船員 編」では美須賀海運株式会社・四国本社で「次席三等航海士」として活躍中の福本寛通さんにお仕事内容ややりがいについて伺いました。

船に乗って、海外の港を巡っているという福本さん。「船員の仕事について、もっと知りたい」と感じた高校生も多いのではないでしょうか。そこで、こちらの記事では番外編として、船の上での生活の「あるある」や、知られざる一面についてお話を伺ってみました!

――船の上での食生活について、教えてください。半年以上も船に乗っていると、日本食が恋しくなることはありませんか?
 
やっぱり、船に乗っていると日本食が恋しくなってきます。特に当社の場合、「チーフクック」という料理を作ってくださる方々のほとんどが、フィリピン人なんです。彼らが作る料理は、フィリピン人の方からすればおいしいと思うんですが、日本

【シゴトを知ろう】仲居 〜番外編〜

【シゴトを知ろう】仲居 〜番外編〜

2017.02.16 マイナビ進学編集部 「【シゴトを知ろう】仲居 編」では、草津温泉の人気温泉宿であるホテル一井にお勤めの野田有希さんに、仲居のお仕事内容や魅力について伺いました。

こちらの番外編では、仲居ならではの「あるある」や、お仕事の知られざる一面などについてお話を伺います。

――仲居として働き始めたとき、驚いたことやイメージと違ったこと、逆にイメージ通りだったことなどありますか?

テレビドラマなどでよく目にしてきた、着物を着てお客様をお迎えし、お部屋に案内し、お食事を提供することはイメージ通りでした。また大きい宴会場では、女将さんと一緒に係りの者が前に出て挨拶をすることがあります。一方で、ご年配の方々が着物を

【シゴトを知ろう】ペンション経営 〜番外編〜

【シゴトを知ろう】ペンション経営 〜番外編〜

2017.02.15 マイナビ進学編集部 「【シゴトを知ろう】ペンション経営 編」では、群馬県にある「北軽井沢 ペンション・ブロードウェイ」を経営している水野雅彦さんに、ペンション経営者のお仕事内容や魅力についてお話を伺いました。

こちらの番外編では、ペンション経営のお仕事ならではの「あるある」や知られざる一面などについてお話を伺います。

――ペンションを経営する上で、お客様に滞在中楽しんでもらうために工夫していること、心がけていることを教えてください。

ペンションに泊まりにいらっしゃるお客様は、旅行ならではの「非日常」を感じることを楽しみにしていると思います。ペンションに宿泊して、例えばドッグラン(犬がのびのびと遊べる場所)でワンちゃんと遊んだり、雄大な景色を楽しんだり、

【シゴトを知ろう】スポーツアロマテラピスト 〜番外編〜

【シゴトを知ろう】スポーツアロマテラピスト 〜番外編〜

2016.12.16 マイナビ進学編集部 「【シゴトを知ろう】スポーツアロマテラピスト 編」では、コンディショニングサロン&スクールのPunafullで代表を務める井泉有香子さんにスポーツアロマテラピストのお仕事内容や魅力について伺いました。

今回は、番外編としてスポーツアロマテラピストとして働いている中で感じる「あるある」や、スポーツアロマテラピストの知られざる一面、これまでに達成感を感じたエピソードなどについてお話を伺います。

――スポーツアロマテラピストは、メンタルのケアをするのも大事な仕事の一つだと聞きました。アロママッサージのほかに、アロマを生活に取り入れる方法などを指導することもありますか?

スポーツアロマは、スポーツをする人にアロマトリートメントをすることだと思われがちですが、スポーツアロマテラピストの仕事は必ずしもトリートメントをするわけではありませ

【シゴトを知ろう】溶接工 〜番外編〜

【シゴトを知ろう】溶接工 〜番外編〜

2017.01.12 マイナビ進学編集部 「【シゴトを知ろう】溶接工 編」では、JFEエンジニアリング株式会社への入社をきっかけに溶接工の道を進んだ上原由貴彦さんにお話を伺いました。

私たちの暮らしを支える溶接技術ですが、普段の生活において、まだまだイメージが湧きづらいものかもしれません。そこでこちらの番外編では、溶接工の「あるある」なエピソードなどについて伺いました。

――溶接作業と聞くと、厚手で頑丈そうな作業着を身にまとっているイメージがあります。あの格好は暑くないんですか?
 
たしかに厚着なので、暑そうに見えるかもしれません。しかし、じつは作業着の下には冷風が出るチューブ状の冷却器を巻きつけているんです。チューブを巻いているので、作業着内が高温になることはなく、夏場は思いのほか暑くなることはありませ

ページトップへ

読み込み中です