マイナビ進学U17

公式SNSアカウント
ニュースやおもしろネタを
お届けしてます!フォローしてね
公式アカウント一覧
意外と気づいていない、自分の興味がわかるかも!
あなたがよく見る記事テーマランキング

フリーワード検索

気になるキーワードから記事を検索

卒業 の検索結果

全727件

お姫様ドレスにメイドのような式服? 海外の卒業式ってどうなっている!?

お姫様ドレスにメイドのような式服? 海外の卒業式ってどうなっている!?

2016.02.08 マイナビ進学編集部 海外ドラマや映画などに登場する、卒業式のシーン。日本とは一風変わったスタイルに憧れを持った人もいるかもしれません。今回はそんな海外の卒業式をご紹介します。

日本では、中学校や高校の卒業式は普段の学校生活と同じように制服を着て参加しますよね。短大や大学の卒業では袴を着て参加する女子学生もいますが、制服がある中学校や高校では、卒業式だからといって、別に特別な服装をすることはありません。むしろ制服がない学校では、スーツや振袖、袴など、自由な服装で卒業式に参加していると思います。

では、海外ではどう

海外の卒業式は夏が当たり前? 日本も実は昔は秋入学だった!?

海外の卒業式は夏が当たり前? 日本も実は昔は秋入学だった!?

2016.02.15 マイナビ進学編集部 卒業式といえば、日本では桜の時期に行われます、海外では異なる場合が多いです。海外の卒業式はいつ行われているのでしょうか?

高校時代の3年間はあっという間です。新年を迎えて1カ月以上たち、これから少しずつ暖かくなると、卒業式はもう目の前です。仲のいい友達との思い出に浸っている人もいるのではないでしょうか。そう、春は出会いと別れの季節……と思いきや、実は日本だけ? 

日本では、卒業式・入学式といえば桜咲く春の季節、3月と4月に行われるのが定番です。それ以外のイメージは

【渋谷の高校生50人に聞いた】卒業式に歌いたい曲!

【渋谷の高校生50人に聞いた】卒業式に歌いたい曲!

2016.03.22 マイナビ進学編集部 高校最後の学校行事である卒業式。
この時期になると旅立ちを応援する歌や別れを惜しむ歌、いわゆる「卒業ソング」をいたるところで耳にします。
今回は渋谷にいた高校生50人に「卒業式で歌いたい卒業ソングBEST3」についてアンケート調査を行いました。
代表的な歌から流行りの曲まで今の高校生のリアルな声を聞けました。

投票数37票。
「この歌を歌うと卒業って実感する」
「先輩たちが歌っていたのをずっと聞いていたので、自分たちも卒業の時に歌いたい」
「定番で卒業の代表曲だからこそ、最後にみんなで一緒に歌いたい」

アンケート全体の74%の高校生が歌いたい曲でした。
最後の思い出だからこそ定番の卒業ソングを歌いたいという理由も多く見受けられました。
また、先輩たちの�

脱・定番! オススメ卒業ソングをご紹介!

脱・定番! オススメ卒業ソングをご紹介!

2016.02.02 マイナビ進学編集部 まもなくやってくる卒業シーズン。卒業式はもちろん、卒業パーティや謝恩会など、関連してさまざまなイベントが催されるかと思います。そしてそんなときに必要になるのが、イベントを演出する「音楽」。しかし卒業式関連で使われる音楽は定番のものが多く、どうしてもかぶってしまいがち。そこで今回は「脱・定番」をテーマに、卒業シーズンに使えそうな楽曲を集めてみました。会場BGMはもちろん、合唱やカラオケ、吹奏楽、バンド演奏、記念ムービーのBGMなど、さまざまなシチュエーションで使ってみてください!

歌ってよし、バンドでもよし、まずはみんなで盛り上がれるアップテンポ系の曲から。

『Dear My Friend』Hi-STANDARD(1999年)
パンクロックバンド・Hi-STANDARDによる楽曲。今は別々の道を歩みだし、以前のようには一緒にいられなくなった親友を遠くから想う気持ちを歌った曲。「親友だからこそ、離れていても大丈夫」という熱いメッセージが伝わってきます。全編英語詞ですが、

第二ボタンは意外ともらう人がいない!? 卒業式あるある

第二ボタンは意外ともらう人がいない!? 卒業式あるある

2016.02.25 マイナビ進学編集部 3年生にとっては、いよいよ卒業を迎える時期が近づいてきました。下級生から卒業を惜しむ声や最後に写真を撮りたい人だかりができる……なんてモテモテのシチュエーションにはちょっと憧れちゃいますよね。とはいえ、そんなケースはレアかも? 実際にはどんなことが起こるのでしょうか。大学生の男女に“卒業式のあるある”を教えてもらいました。

式の最中にもありがちなことが起こるようです。

・「参列している親のほうが気合いが入っている」(21歳/女性)

・「さんざん卒業式の歌を練習したのに、結局泣き過ぎて本番で声が裏返る」(20歳/女性)

・「卒業証書を授与されるタイミングで、下の名前で呼ばれていた同級生の名字を初めて知る」(22歳/男性)

・「起立するタイミングが出遅れる人がいる」(2

できれば長くもらいたい……お年玉っていつまでもらえるの?

できれば長くもらいたい……お年玉っていつまでもらえるの?

2015.12.25 マイナビ進学編集部 お正月のお楽しみといえばお年玉。でも、お年玉って一体いつまでもらえるものなのでしょうか。大学生から社会人の男女に、いつまでお年玉をもらっていたのか聞いてみました。

・「大学卒業までもらっていた。親戚や親は『社会人になるまではあまりお金もないだろうから』という理由でくれていたみたい」(30歳/女性)

・「短大卒業と同時にお年玉はもらわなくなった。学生ではなくなるし、ちょうど20歳で成人だから大人としてもらう必要はない」(30歳/女性)

・「20歳まで。自分は高校卒業後に働き始めたので、社会人になってからのお年玉

きっかけは映画だった!? 何で卒業式に好きな人から制服のボタンをもらうの?

きっかけは映画だった!? 何で卒業式に好きな人から制服のボタンをもらうの?

2016.02.29 マイナビ進学編集部 卒業式といえば、「制服の第2ボタン」。憧れの先輩のボタンを狙っている人も多いと思います。このボタンをもらう文化、いつからはじまったのでしょうか?

「ずっと好きでした。第2ボタンください……!」

卒業式といえば、こんなセリフを連想する人も多いのではないでしょうか。好きな人に第2ボタンをもらう、渡す。ちょっと憧れたりもしますよね。でも、なぜ第2ボタンなのでしょう?

卒業式に渡すのが第2ボタンである理由は、「心臓に近いから」「第1ボタンは、自分のためのものだから」などいろいろな説があります。ル

卒業旅行で行きたい場所は? 都市部のテーマパークが手堅い人気

卒業旅行で行きたい場所は? 都市部のテーマパークが手堅い人気

2015.12.02 マイナビ進学編集部 大学受験や卒業試験が終わってホッと一息ついた後、仲良しグループでの卒業旅行は最高の思い出になりますね。だけど、行き先を決めるのはたいへん。どこが人気なの? 選ぶ基準は? グルメ、景色、遊び……たくさんの欲求を一気に満足させてくれる場所に行きたいものです。いろんな情報をインプットして、計画を練ってみましょう。

何といっても一番人気はテーマパーク! 首都圏なら、東京・横浜など首都圏エリアの観光も一緒にどうぞ。進学の準備を兼ねて行く人も多いでしょう。スカイツリーやお台場、渋谷や原宿での買い物、横浜の中華街などは、「当たり前すぎる」「お上りさんみたい」と思っていても、10代の旅で、とりあえず押さえておきたいところです。

関西エリアなら、一番人気はユニバ�

大学の卒業制作が映画化!? 学生が作った映画が一般公開されたワケとは

大学の卒業制作が映画化!? 学生が作った映画が一般公開されたワケとは

2015.10.30 マイナビ進学編集部 知的障がいと自閉症を持つ実の妹をテーマにしたドキュメンタリー映画『ちづる』。これは監督の赤﨑正和さんが、在学中に卒業制作として撮った作品です。

この映画は、赤﨑さんの指導教授である池谷薫さんを中心に、現役の立教大学生らが製作委員会を発足。映画の配給から宣伝まで行っています。卒業制作として撮った映画が劇場で上映されるようになった理由を赤﨑さんに伺いました。

―一般公開のお話が出たきっかけを教えてください。

卒業制作の担当教授が現役のドキュメンタリー監督の池谷薫先生だったのですが、映

目指すは春休みの思い出づくり! 卒業旅行の行き先はどうやって考えればいいの?

目指すは春休みの思い出づくり! 卒業旅行の行き先はどうやって考えればいいの?

2016.02.26 マイナビ進学編集部 春休みが近づき、もうすぐ高校を卒業するという人もいるのではないでしょうか。晴れやかな気分で迎えたい春休みですが、高校生活をともに過ごした親友と別れ、それぞれの道へ進学していくこともあるでしょう。

そんなときは、忘れられない一生の思い出づくりに、卒業旅行に行ってみてはいかがでしょうか? 今回は、 国内・海外問わずさまざまなツアーを企画・販売している旅行会社「H.I.S.」の広報の方に、高校生へのおすすめ卒業旅行について聞いてみました! 来年以降に卒業する人も必見ですよ!

「一般的には、卒業旅行に行くのは、大学生が大半です。しかし、最近では、高校生の旅行者が少しずつ増えています。人気があるのは、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン®などのテーマパークや、北海道、沖縄などの国内旅行です。北海道は3月でもスキーなどのウィンタースポーツが楽しめることが人気です。 また、国内だけでなく、最近では海外旅行を卒業旅行の地として

ページトップへ

読み込み中です