マイナビ進学U17

公式SNSアカウント
ニュースやおもしろネタを
お届けしてます!フォローしてね
公式アカウント一覧
意外と気づいていない、自分の興味がわかるかも!
あなたがよく見る記事テーマランキング

進学知恵袋

高校生の気になる疑問と回答集

偏差値が50ぐらいしかありません。自分の実力にあった大学を受けた方がいいのでしょうか。

2016.08.22

高2です。偏差値が50ぐらいしかありません。自分の実力にあった大学を受けた方がいいのでしょうか。先生はもっと上の大学を狙えといっているのですが、受かるとは思えません。

回答数 全1件

シルエット男性画像01
マイナビ編集部
マイナビ進学編集部 2016.08.22

偏差値50でも進学できる大学はもちろんあります。今は、頑張っても合格できないと思ってしまっている大学だとしても、これから必死に勉強していけば受験までには手が届く学校になっていることもあります。
高校3年生になってから努力を重ね、偏差値を一気に押し上げた結果見事志望校に合格することが出来たという受験生も中にはいるようです。

まだ志望校を絞り込み過ぎず、偏差値が自分にはちょっと高いと思える学校のこともきちんと調べておきましょう。

今の段階で受験に対してネガティブになることはいいことではありません。志望校選びは、自分への期待や希望も込めて進めていくことをおすすめします。

限界を自分の中で設定してしまうのは簡単なこと。それをどこまで伸ばすことができるのかは、あなた自身の努力や思いが大きく左右するものです。

まず、先生がなぜ上の学校を狙えと言っているのかなどよく現在の状況について考えていきましょう。


【先生の言葉の裏にあるものを考えてみよう】

「もっと上の大学を狙え」という先生からのアドバイス。あなた自身からすると受からないかもしれない大学を、わざわざ受験したくないという思いがあるのは当然のことだと思います。

ですが、まだ高校2年生。本当に今以上に学力が伸びないでしょうか? あなた自身の努力次第で伸ばせるものがあるのであれば、伸ばしてあげたいと思うのは学校の先生にとって当然抱く心情ではないでしょうか。そして、本当にその可能性がない生徒に対してはそのようなアドバイスはしないはずです。

「このレベルでいい」「行ける大学があるなら、今の学力で問題無い」と考え、そこで努力することをやめてしまったらそれ以上学力を伸ばしたり、受験に向けて必死に勉強するということは無くなるでしょう。その場合、あなたが志望される大学への合格も危うくなる可能性は十分にあると思われます。

受験という大きなプレッシャーがかかった場面で、果たしてあなたは100%の実力を発揮することができるでしょうか? さまざまな場面を想定して考えると、あなたが今の志望校を受験するにしても、上の学校を狙えるくらいの学力を身につけておくことに損はありません。むしろその方が受験に臨むうえでは安心することができるはずです。

「どうしても行きたい学校=今の自分の学力レベルに合っている学校」だという場合でも、常に向上心をもって勉強を続けていきましょう。志望校よりもレベルが高い学校の過去問でもスラスラと回答できるくらいの学力レベルがあれば、入試対策はバッチリだといえるでしょう。

【自分の可能性を狭めないようにしましょう!】

自分の考えている志望校より、学力が上の学校を勧められて「受かるとは思えない」と感じることは当然あると思います。
では、「偏差値を今より5伸ばせばもう少し選択の幅が広がる」としたらどうでしょうか? 本当に手の届かない範囲でしょうか。

「受かるとは思えない」と自分で自分の可能性を否定してしまうとそれ以上先には何もありません。「努力をして、思い切り手を伸ばしても今の自分の学力ではとても難しい学校なのか?」ということをよく考えてみましょう。今から少しずつ学力を積み上げていけば届く可能性があるのであれば、高校2年生で志望校の選択肢を狭めてしまうのは、少し早すぎるのかもしれません。

先生もそれをわかって「上の学校を」と仰られたのではないでしょうか。
まずは今の志望校よりレベルが高い学校も含め広く情報を集めてみましょう。パンフレットや学校のホームページを見たり、オープンキャンパスに出かけていくうちに、頑張れば入学できる学校が今の志望校より魅力的に感じられるという可能性は十分にあると思います。
他の学校を色々見ても、今志望校として考えている学校に行きたいと思えるのであれば、その思いは間違いなく本物だということだと思います。

【偏差値だけを大学の良し悪しにしないことが大切】

ひとつ意識しておきたいことは「偏差値の高い学校=あなたにとってベストな学校」では無いということです。
偏差値が高くない学校でも「この先生の元で学びたい」と感じる教授がいたり、「自分が学びたいと思っている分野に力を入れている」といった学校であるのなら、その選択を重視することは間違っていないと思います。

今先生に相談している学校に、心から行きたいと感じているのであれば、そのことをもう一度伝えてみましょう。先生があなたの学びたいことに対して理解をしてくれれば、上の学校を目指せとは言わなくなると思います。
大切なことは、あなたが偏差値や学力だけで学校を選ばないということ。「この学校でいい」ではなく、「この学校がいい」という選び方をしなくてはいけません。

本当に学びたい場所で、学びたいことを4年間勉強することこそが、あなたの人生に大きなプラスをもたらしてくれる大学生活になるでしょう。

進学知恵袋トップへ戻る

偏差値が50ぐらいしかありません。自分の実力にあった大学を受けた方がいいのでしょうか。

ページトップへ

読み込み中です